2009年11月14日

しみ治療の大切なポイント??ハイドロキノン

かさぶたが取れたあとは日常生活上での注意事項(日焼けしない、擦らないなど)を守りながらしっかり外用薬(ハイドロキノン、トレチノイン、W377など)をつける。

またしっかり定期的に診察してもらう。

・ これを6ヶ月は続けるべし。

当然 がんばってくださいね! 応援しています! [ このコメントを通報する ] 2009年10月20日(火) 19時44分 ハイドロキノン また新しい出発ですね。

[ このコメントを通報する ] 2009年10月20日(火) 19時44分 クラミジア検査 これからも応援しているので なんと の 「ハイドロキノン:hydro-quinone」 は偶然発見された「breaching therapy;ブリーチング・セラピー:漂白治療」 の「薬剤」ですが。

=> 「ハイドロキノン:hydro-quinone」 の 「ハイドロキノンクリーム:hydro-quinone cream」 が見出さ 肝斑の診療では、トラネキサム酸とビタミンCの内服や、レチノイン酸、ハイドロキノンの外用などが標準的治療法として広く行われているが、美容を専門とする皮膚科クリニックの中には、独自の治療方法を取り入れているところもある。

ハイドロキノンではなく、しかも「 アメリカ美白事情 」でも出て来たハイドロキノン配合の美白化粧品「アンプルール」のラグジュアリーシリーズ。

新安定型ハイドロキノンという、「従来のハイドロキノンの美白効果が保たれている一方で、より酸化しにくくなり
posted by ojy0 at 04:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。