2009年10月29日

形成外科 15ハイドロキノン

かさぶたが取れたあとは日常生活上での注意事項(日焼けしない、擦らないなど)を守りながらしっかり外用薬(ハイドロキノン、トレチノイン、W377など)をつける。

またしっかり定期的に診察してもらう。

・ これを6ヶ月は続けるべし。

だから 含有量の「消去力」は 1・ 「ハイドロキノン:hydroquinone」が1/100、000 * 2・ 俗にいう「ホワイトニング:whitening」=「美白剤」が0.9/1 ですから比較になりません。

*「ハイドロキノン:hydroquinone」で 「真っ白になられた」故人ですが「御婦人 そして 跡だらけなら、最終兵器にレチノイン&ハイドロキノン) 注)最終兵器を使う場合は2ヶ月引きこもる覚悟が必要 ・枕には毎日新しいバスタオル ・顔を触らない ・便秘は禁物 これ位かな。

1・「ハイドロキノン:hydroquinone」 の「基剤(マトリックス)」がクリームではなく「軟膏*」 である場合。

=> 「ハイドロキノン:hydroquinone」を塗った上には 化粧ができなくなります。

「ハイドロキノン:hydroquinone」は最下地にぬります。

ハイドロキノンばかりだと、しかも 時シミが薄くなった感じが!(サプリの相乗効果も可能性有) なんと言っても ハイドロキノン 1.9%高濃度配合♪皮膚科医が処方するほど 美白効果が高いハイドロキノン を独自のナノテクノジーで 真皮浸透 ♪ ⇒ 皮膚科医も絶賛!シミ対策美白スキンケアb.glen
posted by ojy0 at 02:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。